2017年01月01日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

新年の MIDI です。


  • Johannes Ciconia: Le ray au soleyl ( Lucca codex, 15th C )



チコーニアの prolatio canon です.
3声のカノンですが, すべての声部が別々の「速さ」で進みます.
上の声部は下の声部の4倍速で進み, 真ん中の声部は下の声部の3倍速で進みます.

詳しくは次のサイトを見てください

Mathematical Medieval Music: "Popular" (?) Music from 14th Century Italy: Part 1 - Johannes Ciconia (c. 1370 - 1412), Canon "Le ray au soleyl"

(というか上のページから Youtube へリンクがはられていて、それを見ればはっきり言ってまうかめ堂の MIDI は不要です。)

今年もなんとか新年の MIDI を死守しました。

というわけで今年もよろしくお願いします。
posted by まうかめ堂 at 02:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 「まうかめ堂」の日記
この記事へのコメント
お久しぶりです。
掲示板がないのでこちらに失礼します。

「モーダル記譜法の解説2」の完成を心待ちにしてるのですが、予定はないのでしょうか。
Posted by Clara at 2017年11月11日 15:41
Clara さん、お久しぶりです!
「モーダル記譜法2」はいくつかの理由から頓挫してます。

待たないで下さい。
例えば Willi Apel の The notation of polyphonic music, 900-1600. の Modal notation のところを見てください。いまやネットで読めます。

https://openlibrary.org/books/OL6061557M/The_notation_of_polyphonic_music_900-1600.
Posted by まうかめ堂 at 2017年11月12日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178237762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

恐ろしく超絶技巧なカノン
Excerpt: どうしてもまうかめ堂さんの記事が気になったので・・・・ チコーニアの prolatio canon です. 3声のカノンですが, すべての声部が別々の「速さ」で進みます. 上の声部は下の声部の4倍速で..
Weblog: MENUET
Tracked: 2017-03-30 18:02