2006年07月16日

知らなかった…

TMLでノートル・ダム楽派のオルガヌムに関する13世紀の論文Discantus positio vulgaris「ディスカントゥスにおける通常の配置」をつらつらと見ていて衝撃の記述が…。

リガトゥーラに関して、二つの音符からなるリガトゥーラは前がブレヴィス後ろがロンガ、三つのときは(休符がそれに先行するなら)ロンガ-ブレヴィス-ロンガ、四つなら全部ブレヴィス、ということが書かれた後で、五つ以上からなるリガトゥーラに関して

Quodsi plures quam quatuor fuerint, tunc quasi regulis non subjacent, sed ad placitum proferuntur.

いい加減訳:四つより多いときは規則が無いみたいだから好きなようにやっていいよ。

ad placitum (= as it is pleasing)ときたもんです。
モーダル記譜法では、初めから厳密に書き記そうという意志は無かったのかもしれませんね。
posted by まうかめ堂 at 03:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 中世音楽
この記事へのコメント
>いい加減訳:四つより多いときは規則が無いみたいだから好きなようにやっていいよ。

グレゴリオ聖歌の歌唱法みたいですね。アドリブってことかしら・・・ほとんどジャズですね。
Posted by Myoushin at 2006年07月16日 05:51
> アドリブってことかしら・・・

ある意味そうかも・・・
ad placitum を ad libitum に変えてもほとんど意味は変わらないと思われ…。
Posted by まうかめ堂 at 2006年07月17日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/972240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック